INDIBA(インディバ)の魅力とは~Part2~

前回に引き続きインディバを知って頂こうシリーズです!

 

今回は<インディバの仕組み>についてご説明致します。
少し難しいかもしれませんが、ご興味のある方は是非ご一読くださいね!
「温熱療法」「深部加温」という言葉からまず温泉を思い出しませんか?
さて、そこでインディバの温熱療法の熱源と温泉の熱源についてご説明致しましょう。

 

実は、今まで皆様がご存知だった温熱療法(温泉、サウナ、岩盤浴など等)の熱源は全て体の外にあります。

ここがインディバとの大きな違いです!

インディバの熱源はほとんどが体の中で発生しているのです。

人体は体外の温度差の影響は受けますが、体外にある熱を体の中には浸透させない強い抵抗があります。

夏と冬とで平均体温が変わらないのはそのためです。

体の外に熱源のあるものによって体が温まる時、まず皮膚表面近くにある毛細血管が体外の熱を吸収し、

温められた血液が循環して、数十分もすると体全体の血液が温まります。そして、組織に温度を伝達していきます。

しかし、これは一時的な加温に過ぎず、20~30分もすると再び熱は体外に放散されていきます。 
このように温泉などのように外から熱を与える方法では『深部加温』ができませんが、インディバでは可能な上
体内組織の温度を一時的に1~7度上昇させることも出来るのです。

 

インディバの熱源は体内で発生するものであり、その熱は「ジュール熱」と呼ばれます。インディバ機器により体内に浸透する高周波エネルギーが、細胞一つ一つの抵抗と分子の移動によって起こる摩擦熱で、通常の各組織の温度を一時的に数度上昇させることができるのです。

ジュール熱は高周波の電磁波作用によって生じますが、人体には無害で安全な熱エネルギーとして明確に証明されています。

『深部加温』とは、自らの体内深部から温熱作用を生みだし、体を芯から温めることによって可能となります。又、代謝促進後もその作用を維持できるのも最大の特徴なのです!

 

なんとなくご理解頂けたでしょうか?

それより「インディバはどんな悩みを解決できるの?」と言われそうなので、次回はそこを書いてみようと思います!

 

Halel

〒104-0045
東京都中央区築地1−12
電話番号 03-6278-7028
メールアドレス: info@halel-ginza.com
営業時間 12:00 – 22:00

当店Facebookページはこちら
http://bit.ly/29NhRXG